bool(false)
TOP

ISETAN MEN’S net【特集】<PELLE MORBIDA/ペッレ モルビダ>と考える、本当に必要な仕事鞄の条件

20

. November . 2019

MEDIA

ISETAN MEN’S net【特集】<PELLE MORBIDA/ペッレ モルビダ>と考える、本当に必要な仕事鞄の条件

【特集】<PELLE MORBIDA/ペッレ モルビダ>と考える、本当に必要な仕事鞄の条件

 

スマホひとつでプライベートもビジネスもこなせる時代、毎日の仕事に持ち歩く鞄はどうあるべきだろう。仕事鞄に必要な機能とは?デザインは?そもそも本当に仕事鞄って必要なの? そこで、伊勢丹メンズ館のバッグ担当者が同世代のビジネスパーソンと、毎日の仕事に必要な鞄のリアルなところを語り合いました。

 

参加してくれたのはこの4名

藤本千也乃さん
広告制作会社に勤務。取材や打ち合わせに書類やノートPCを持ち歩くことが多いため、仕事に使える鞄を探しに伊勢丹メンズ館のビジネスバッグ売り場をチェックすることもあるそう。
岡崎克也さん
イベント制作会社勤務。「普段、リュックで通勤しているんですが、夏場は背中がびっしょりになってしまうので考えものですね」

 

金山龍司さん
人材派遣会社勤務。普段からカジュアルなビジネススタイルなので、ブリーフケースは似合わない。そのため鞄は機能性重視だそう。

 

坂本優夏さん
インテリアを扱う専門商社に勤務。現在は育休中。そのため普段は機能的で大容量のママバッグが必需品。来春仕事復帰の予定。

1. トートバッグを仕事で使う条件とは?

林原一樹
2014年の入社以来、バッグ一筋の同担当6年目。店頭での販売を経て、現在は、商品の買い付けや企画にも携わる。「黒い鞄ばかりだと売り場が暗くなってしまうので、カラーバリエーションのあるバッグ選びも肝心なんです」。

 

 

林原 みなさんが普段使う鞄を選ぶ条件って、なんですか? 仕事でもプライベートでも結構です。
岡崎 とにかく軽いものがいいですね。鞄が重いと足取りも重くなる気がして。かといって仕事のとき手ぶらはサマにならない気がするので、必ず鞄は持っていくのだけど。
金山 私は自分が持って大きすぎないことが大事。持ってみてバランス悪いのは嫌ですね。
坂本 私はいま育休中なのですが、仕事をしていたときは多少マチがあって、スマートフォンと財布、リップクリームぐらいが入ればいいと思っていました。来春、復職するときは保育園の送り迎えなどもあるので、大きくて自立して、中身が見えないバッグがいいと思っています。それと肩に食い込まない太幅のベルトが欲しい。細いストラップは肩に食い込むので。
藤本 仕事柄、紙の資料とパソコンがぎっしりなので。容量が気になります。

 

 

2. メンズ館バッグ担当者が太鼓判! 仕事鞄におすすめな<ペッレ モルビダ>

今季で8シーズンを迎える<ペッレ モルビダ>の人気コレクション、シンプルトート「ST」シリーズ。トートバッグ 42,900円

 

 

金山 ロゴが主張していないデザインは、大人っぽくていいですね。
林原 荷室内にはファスナーポケットと、小物の収納に便利なポケットも配置されています。フロントにはスマホなど、すぐに取り出しやすいものを入れておきたいポケットもついています。
藤本 レザーのバッグは、雨に濡れるとシミになっちゃう気がして、持っていく日は天気予報が気になります。
金山 革製品は水に濡れると傷みやすい印象です。レザージャケットとか革靴とかも、そうでしょ。
林原 じつは今回のシリーズには、水をはじきやすい加工を施したレザーを使っているんです。これまでもそういったレザーはあったのですが、機能性より見た目の上質感をメインにしました。今回は機能性を重視しているので雨にも強いんですよ。

国内開発のやわらかなシュリンクレザーには、水をはじきやすい加工が施されている。革本来の風合いを損なわずに機能性を付加することで、気軽に持ち歩ける使いやすさにもこだわった。

 

藤本 資料を持ち歩くことが多いので、公共交通機関などで鞄の中が覗かれないよう、ファスナーがついているほうがいいかな?
林原 じつはお客さまからの要望には、ファスナーがないほうがいいという声もあるんです。荷物を出し入れするのに、いちいち面倒くさいのだそうです。
金山 その気持ち、すごくよくわかります。男女の違いがあるのかもしれないけど、いちいちファスナーを開けるのはけっこう面倒。荷物や資料をポイっと放り込んで、必要なときにさっと取り出せるほうがいいかな。
岡崎 マグネットスナップがついているから、中身は見えにくいと思いますよ。たぶん、このブランドさんも考えたのではないでしょうか(笑)。

マグネットスナップで閉じられる開口部。鞄の中の重要書類が見えない絶妙な深さ設定と、片手で荷物が取り出しやすいという機能性を研究した結果の結論。

 

林原 <ペッレ モルビダ>のコレクションは、通常のもので5万円オーバーぐらいのものが多いんです。でも、このトートは4万円を切る3万9000円(税抜)という価格設定なのは、ファスナーを省いているからでもあるんです。使いやすさと価格を研究した、企業努力の結果なんです。
岡崎 A4書類も余裕で入るし、ノートPCも余裕。私的には意外とちょうどいいサイズかも。
藤本 そっか、“バッグ・イン・バッグ”や書類ケースで自己防衛すればいいのか。だから同じシリーズのクラッチバッグがあるんですね。

これ一つでビジネス街を颯爽と歩くもよし、ブリーフバッグのバッグインバッグとしても使うもよし。クラッチバッグ 22,000円

 

 

林原 みなさんはクラッチバッグって持ち歩かれますか?
岡崎 僕は持ちますね。普段、仕事のときはリュックが多いのだけれど、プライベートで外出するときは、手回り品だけクラッチですね。
金山 私もプライベートはスマホ、財布、鍵ぐらいを持ち歩くために基本、クラッチバッグです。クラッチをバッグインバッグするという発想がなかったんですが、そういう使い方いいですね。

坂本 大きさ的には、クラッチバッグって便利なんだけど、ショルダーストラップがついているといいなと思います。私はクラッチにゴールドのチェーンがついてたら可愛いと思う。
藤本 手持ちするクラッチは、パーティのときとかですかね。でも、うちの会社は隣のビルのオフィスで編集会議とかするんですが、このぐらいの薄マチのクラッチバッグなら、名刺入れとノートとタブレットとスマホとか入れて持っていくのに便利そうです。

 

 

3.カラーバッグはビジネスマンとしてキャリアがついた証

坂本 個人的にはカラーバリエーションが可愛いなって思います。オレンジとか、男の人が持っても素敵かなって。
林原 今日はネイビー、ブルー、オレンジ、グレーの4色をお持ちしたのですが、ほかにサックスブルーとブラックがあります。
岡崎 会社では、明るい色のバッグは持ちにくいかな。
金山 オレンジのバッグで出勤したら、周りに驚かれそう(笑)。いつも黒のバッグだから。
岡崎 先輩とか上司には、カラフルなバッグを持ってる人がいますけどね。
藤本 あぁ、たしかに30代とか40代の大人の男性が、明るい色のバッグとか持ってると、この人おしゃれだなって思います。
金山 キャリアがついてくると、服装も持ち物も遊べるような気がします。僕ら20代の社員は、まだまだまだ黒やネイビーで、基本を学ぶ時期なのかもしれません。出世したらオレンジ、持ちますよ(笑)

モノトーンのビジネススタイルのアクセントに。黒ではなく、あえてネイビーの仕事鞄がアクセントになる。

 

藤本 会社の雰囲気にもよりますよね。うちは服装もデニムOKだったりと自由なので、派手色の鞄で出社する男性上司もいます。
坂本 うちは社風が堅いので、鞄は黒か茶ぐらいですね。うちの会社、男性はスーツ、女性は制服。ジャケパンはNGなので。
林原 <ペッレ モルビダ>は、他にない色を意識したカラーバリエーションを用意しているところがありまして、なかでもオレンジはファンも多く人気色。毎シーズン完売するカラーなんです。
坂本 うちの会社では難しいけれど、男性が鞄をアクセサリーとしてカラフルな色をもつのはありだと思います。
金山 そうですね。男性の場合、結婚すると急にファッションに無頓着になりがちだから。バッグぐらい主張してもいいかもしれませんね。
藤本 私は普段黒系の服を着ることが多いので、自然と黒いバッグを持つのですが、カラフルなバッグをワンポイントにしてもいいかもって思いました。

普段、仕事で持ち歩く鞄は、黒が多いという藤本さんですが、ブルーのバッグを差し色的にアクセントにしてもお洒落です。

 

林原 ほかに、どんな色があったらいいと思います?
金山 白ってどうですか。モノトーンのスタイルには似合うような気がします。
林原 白、いいですね。メーカーに提案しておきます。

 

 

4.リュックorトート?仕事鞄の本音

林原 今回はトートバッグとクラッチバッグをご紹介したのですが、みなさん通勤バッグはトートですか?それともリュック?
岡崎 リュックが多いのですが、リュックは服がしわになるし、夏は背中の汗で濡れたりするので、服装にあわせてトートにするときもありますね。

金山 私も使い分けています。リュックだと片方のストラップを外して前に回してからファスナー開けて荷物を取り出しますよね。トートなら肩がけしていればすぐに荷物が取り出せるので外出時には便利だったりします。それにトートは中身を整理して納めておきやすいですよね。リュックはどうしても中身がごちゃごちゃになっちゃう。
藤本 仕事のときはリュックが多いです。でも満員電車ではトートのほうが迷惑にならないですよね。
坂本 私は今、1歳の子供を前抱きしているので、リュックで後ろも重いのは大変。トートバッグを肩がけするほうがいいです。

赤ちゃんを連れての外出は荷物が多いもの。紙おむつやおむつ交換マット、哺乳瓶に粉ミルク、魔法瓶にお湯も持ち歩くだけに容量は必要。帰宅時、鍵をすぐに取り出せる整理ポケットはたくさん欲しいそう。

 

 

林原 みなさん、リュックは両手が空くけれど、トートなら荷物が取り出しやすいとかTPOに合わせて持ち替えたりするんですね。じつは最近、伊勢丹メンズ館のバッグ売り場では、ビジネスでもプライベートでも使えるトートが人気なんです。女性が自分で使用するためにお買い求めいただく方も多いんです。
藤本 私はメンズ館の売り場も結構チェックしています。女性の鞄売り場って、可愛くて小さい容量のものしかないので、仕事で使うバッグは紳士のほうがいろいろある気がします。
林原 たしかにレディスのバッグには、ビジネスバッグってあまりご用意がないかもしれませんね。
坂本 私は主人の買い物についていったことはあるけど、自分用と考えたことはありませんでした。でもバッグのサイドを、内側のベルトで留めるとかたちが変わって女性っぽくなるし、これなら持てるなって思います。

 

5. これからの季節、仕事を離れたとき持つ鞄とは?

林原 ところで今日ご覧いただいたバッグ以外にも、サコッシュとかウェストポーチとかってどう思います?
岡崎 けっこう持ち歩きます。服装がジャケットスタイルのとかはクラッチですが、ラフなアウトドア系のときはサコッシュ持ちますよ。
金山 ダウンのときは、内側にサコッシュとか斜めがけして、ダウンを羽織る感じです。
岡崎 ダウンにリュックを背負うと、山っぽくなっちゃうので、そういうときはトートですね。
藤本 私もダウンにはトートですね。
林原 コートのときは、どんなバッグ持ちます? ナイロンリュックだと似合わなくないですか?
藤本 モノによるかな? エレガントなコートのときは、リュックよりトートがいいのは確かだと思います。

 

金山さんにとって、バッグは仕事のときの必需品。手ぶらは心もとないうえに、仕事をしているという意識をたかめるツールになるのだそう。

 

林原 冬のアウターって、ポケットも多いし、バッグをもたなくてもよかったりしませんか。キャッシュレス化が進んで、手ぶらで出社する人も多いし。バッグって本当に必要ですか?
坂本 私は必要ですね。子供もいるし。
藤本 仕事の資料を全部はクラウド化できないし、PCの役割をスマホで済ませるのも、ちょっと難しいので、やっぱりバッグは必要だと思います。
金山 プライベートではバッグを持たないこともありますが、仕事にはあったほうがいいと思います。
岡崎 バッグがないと、スタイルが締まらない気がするんです。スーツでもカジュアルデイでも、バッグがないと仕事してる感がない(笑)。
林原 バッグって、ちゃんと仕事をしていることを表現できるツールなのかもしれませんね。

 

 

 

 

SERIES DESCRIPTION

Men’s Collection

Mare
”海”をその手に、よい旅を
PELLE MORBIDAの深い海を泳いだ先に見える経験を楽しむように人生という名の大きな船旅に出る全ての成熟した大人へおくる、厳選した素材と洗練されたデザインの高級ラインです。
Maiden Voyage
”海”をその手に、よい旅を
PELLE MORBIDAの深い海を泳いだ先に見える経験を楽しむように人生という名の大きな船旅に出る全ての成熟した大人へおくる、厳選した素材と洗練されたデザインの高級ラインです。
Onda
”海”をその手に、よい旅を
PELLE MORBIDAの深い海を泳いだ先に見える経験を楽しむように人生という名の大きな船旅に出る全ての成熟した大人へおくる、厳選した素材と洗練されたデザインの高級ラインです。

Ladies Collection

Mare
”海”をその手に、よい旅を
PELLE MORBIDAの深い海を泳いだ先に見える経験を楽しむように人生という名の大きな船旅に出る全ての成熟した大人へおくる、厳選した素材と洗練されたデザインの高級ラインです。
Maiden Voyage
”海”をその手に、よい旅を
PELLE MORBIDAの深い海を泳いだ先に見える経験を楽しむように人生という名の大きな船旅に出る全ての成熟した大人へおくる、厳選した素材と洗練されたデザインの高級ラインです。
Onda
”海”をその手に、よい旅を
PELLE MORBIDAの深い海を泳いだ先に見える経験を楽しむように人生という名の大きな船旅に出る全ての成熟した大人へおくる、厳選した素材と洗練されたデザインの高級ラインです。